美白のメリット

白くて透明感のある肌に憧れる女性はとても多いですね。
白肌に憧れて美白する人も多いですが、どのようなメリットがあって美白をするのでしょうか。
一昔前までは、ガングロとか小麦色の肌などが流行った時代もありましたね。
しかし、結局は色白が良いとされ、美白へと戻ってくるのです。
なぜかというと、単純に白い肌には清潔感があり、それだけで七難隠すともいわれています。
以前はお化粧で白く塗って無理やり色白に見せかけていた時代もありましたが、そんな厚塗りはお肌に悪いですし、完全に老けて見えます。
厚塗りすればするほど透明感が無くなり、清潔感も失われていくからですね。
ですから、現在はできるだけすっぴんに近いメイクで白肌を目指すことが主流になっています。
第二に、若いときは健康的に見えた小麦色の肌は、年齢を重ねるとシミだらけになってしまう可能性が高まります。
紫外線はメラニン色素を作り出し、これが肌の深層に沈着することでシミになるのですが、加齢を重ねるとこのシミが還元されず、ずっと残ってしまってしまうのです。
一度沈着してしまったシミはなかなかとることは難しく、若い時に肌を焼いていればいるほど年を取ってからシミに悩まされることになるのです。
ですから、若い時から日焼け止めやUVカットアイテムで紫外線をブロックしておく必要があるのですね。
しかしそれでもシミはできてくるものです。
そこでこれに加えて、ビタミンCを積極的に取り入れることをおすすめします。
ビタミンCはメラニン色素の生成を阻害する働きがあるので、紫外線を浴びてもシミができるのをブロックしてくれます。
ただ、できてしまったシミにはビタミンCでは効果が薄いので、ハイドロキノンを塗ったりレーザー治療をする必要があります。

◎スキンケアに欠かせない医薬品
フルオロウラシルのコラーゲン効果